ロシア連邦の各都市では、Japan Washigraph Exhibitionが継続的に

 計画され続けています。

 Orenburg州 Orenburg市のオレンブルク美術館(展示ギャラリー)にて、

 2021年7 月9日から9月19日まで、2度の会期延長を経てのべ73日間にわたり

 Japan Washigraph Exhibitionが開催されました。

 オレンブルク美術館が保管する日本和紙写真協会の会員作品約500点は、

 オレンブルク美術館の学芸員のもとで、展示美術品リストとして

 収録されています。

 オレンブルク美術館のYuri Komlev館長は、国際博物館会議ICOMロシアの

 ネットワークに所属する大都市の美術館や博物館へ展覧会の開催を打診。

 ロシアの法律に基づいて、展示美術品リストを元に、展覧会への作品の貸し出しや

 協力をデザインした契約書を制作して、現在6ヶ所の都市のミュージアムと

 展覧会の開催が実現しました。

 Japan Washigraph Exhibition ロシア・スケジュール

 世界博物館会議ICOM会員で、オレンブルク美術館など6つのミュージアムの館長を務め、

 モスクワ大学で博物学の講師を務めるYuriy Komlev氏と美術館スタッフの協力とご尽力によって

 ロシアの各都市で日本和紙写真協会の展覧会プロジェクトが現在も進行中です。​

  ※下記に記載した以外に、現在も複数のプロジェクトを調整中。

​ #1 Orenburg

 主催:オレンブルク美術館

 開催都市:ロシア連邦共和国オレンブルク州の首都オレンブルク市

 施設:オレンブルク美術館ギャラリー

 (Exhibition Hall of the Orenburg Regional Museum of Fine Arts)

 開催期間:2021年 7日9日から9月19日

 #2 Novotroitsk

 主催:オレンブルク美術館

 開催都市:ロシア連邦共和国オレンブルク州ノヴォトロイツク市

 施設:ノヴォトロイツク市美術館(Museum and Exhibition complex of the city of      Novotroitsk)

 開催期間:2021年 10日8日から11月7日

 Ufa

 主催:ウファ市バシコルトスタン共和国国立博物館

 開催都市:ロシア連邦バシコルトスタン共和国の首都ウファ市

 施設:バシコルトスタン共和国国立博物館(National Museum of

                       The Republic of Bashkortostan)

 進捗:バシコルトスタン共和国国立博物館との契約申請とビザ申請が終了した時で

 コロナ禍によりバシコルトスタン共和国大統領名で開催延期が決定。

 開催を約束し、 現在も準備作業を進行中。スタッフは渡航予定。

​ #3 Ulyanovsk

 主催:イワン・ゴンチャロフ記念博物館・オレンブルク美術館

 開催都市:ロシア連邦ウリヤノフスク州の首都ウリヤノフスク市(Ulyanovsk)

 施設:イワン・ゴンチャロフ記念博物館(Historical and Memorial    

                     Center-Museum of I.A. Goncharova)

 開催期間:2021年12月20日から2月16日

​ #4 Saratov

 主催:サラトフ美術館・オレンブルク美術館

 開催都市:ロシア連邦サラトフ州の首都サラトフ市(Saratov)

 施設:サラトフ美術館(the Museum of the city of Saratov)

 開催期間:2022年2月23日から3月28日

 #5 Irbit 

 2021年のオレンブルク美術館からスタートしたロシアにおけるJapan  Washigraphpoto Exhibitionは、継続開催されていました。

 2022年の7月7日から、スヴェルドロフスク州のIrbit 市の州立美術館で

 五回目の展覧会を開催します。

 #6  Buzuluk

 2022年9月20日から日本和紙写真協会の展覧会が行われています

 2021年7月にロシア オレンブルク州立美術館から

 始まった展覧会は ロシア各地を巡回して

 今回で六回目の開催になります